「高専ライブ」コーナーのトップへ

 





 


「まるよし Train Pops 国語と遊ぼう!」ごあんない


 『高専ライブ』中で中村が担当した、国語とことばをざっくばらんに語るコーナー。
 それが、
「まるよし Train Pops 国語と遊ぼう!」(略称「まるとれ」)です。

 お便り・ご感想などのメールは、
   
k(ここに半角アットマーク)tannan.fm
 へお願いします。丹南FMのホームページからも、メッセージをお送りいただけます。

 

 『高専ライブ』ごあんない

 


まるとれに関するお知らせ

 2月3日11時〜の『高専ライブ』のなかで、まるとれ傑作選として、
 
第49便「元号の漢字」前編(平成26年4月6日放送分)
 をお送りします。
歴史・手嶋教員をゲストにお迎えしています。

 再放送は
2月9日(土)23時〜 となります。

 
どうぞお楽しみに。
 
「まるとれ」の本のごあんない 


 『まるごと とれたて 日本語談義 −ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話−』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 ISBN: 978-4-906485-09-3 

 (桐島周は、中村のペンネームです)

 書店等での販売は、平成29年4月で終了しました。在庫がなくなり次第、お買い求めいただけなくなります。
 入手ご希望の方は、中村まで直接お問合せください。



各メディアでの紹介
『福井新聞』平成28年9月28日号に紹介記事。
『自然人』(橋本確文堂 刊)2016年秋号で紹介
『夢レディオ編集室』(丹南FM機関誌)2016年10月1日刊行の号
本の20秒CMまるよしねこ出演)を、丹南FMにて2016年8〜12月の間毎日、OA。



各図書館に「まるとれ」本が入りました。

 県内の主要図書館に、順次「まるとれ」本が入り、
閲覧・貸出など可能となりました。ぜひご利用ください。
 
 利用可能な図書館
  福井県立/鯖江市/福井工業高等専門学校/
  福井市立/敦賀市立/大野市/勝山市立/
  あわら市/越前市/坂井市立/永平寺町立/
  越前町立/美浜町立/おおい町立/高浜町立/
  福井大学附属/仁愛大学附属/仁愛短期大学附属

   (H29.-8.-28現在)

 このほか、県内の一部高等学校・中学校の図書館にも寄贈させていただきました。


 各回のフットノート(解説)ページは下記です。 
第1便〜第10便
(平成25年4〜6月)
 1・2便「はじめまして」
 3・4便「挨拶」
 5・6便「高専の国語」
 7・8便「作文」
 9・10便「竹取物語」
第11便〜第20便
(平成25年6〜8月)
 11・12便「一人称」
 13・14便「手紙」
 15便 番外・質問大会
 16・17便「新幹線の名前」
 18・19便「公開講座」
 20便「スピーチ」
第21便〜第30便
(平成25年9月〜11月)
 21便「スピーチ」
 22・23便「矛盾」
 24・25便「外国語と外来語」
 26便「発声」
 27・28便「弁論大会」
28便は生
 29・30便「『ちりとてちん』」
第31便〜第40便
(平成25年11月〜26年1月)
 31便「発声 part2」
 32・33便「主語」
 34・35便「万葉集」
 36・37便「描写と説明」
 38・39便「駅と車内のアナウンス」
 40便「高専入試の国語」
第41便〜第50便
(平成26年2月〜4月)
 41・42便「「ごんぎつね」」
 43・44便「つぶやき」
 45便「発声 part3」
 46〜48便「歌謡曲の英語」
 49・50便「元号の漢字」
第51便〜第60便
(平成26年4月〜6月)
 51便「学級日誌」
 52・53便「二人称」
 54・55便「駅の名前」
 56・57便「社交辞令」
 58便「引用」
 59・60便「気づかない方言」 
第61便〜第70便
(平成26年6月〜9月)
 61便「挨拶part2」
 62・63便「図書館」
 64・65便「「走れメロス」」
 66便「公開講座 part2」
 67〜69便「タイトル」
 70便「日本語で仮定法」 
  
第71便〜第80便
(平成26年9月〜11月)
 71便「日本語で仮定法」
 72・73便「数え方」
 74便「沈黙」
 75便「ディベート」
 76・77便「敬語」
 78便「清少納言」
 79・80便「童謡の歌詞」
第81便〜第90便
(平成26年11月〜27年2月)
 81便「童謡の歌詞」
 82便「手紙 part2」
 83便「忠臣蔵」
 84・85便「主題」
 86・87便「百人一首」
 88便「高専入試の国語 part2」
 89・90便「アホ・バカ分布図」
第91便〜第100便
(平成27年2月〜4月)
 91便「特急の名前」
 92・93便「アクセント」
 94便「言い間違い」
 95便「比喩」
 96便「話し方勉強会」
 97便「送り仮名」
 98・99便「「最後の授業」」
 100便「寄せ書き」 

臨時復活便

 101便 グランドフィナーレ(H27.-5.-3)
 102便 「ウルトラマン」(H28.12.-4)
 103便 「学術用語」(H28.12.11)
 H28.12.-9の「高専カフェ」では、「まるとれ」を生で再現する、まるよしとねこの対談形式で、「走れメロス」のお話をしました。

 


 

レギュラー出演者紹介

 いつの間にか、この二人は、妖精という設定になっています。2万年ほど生きているようです。


メイン進行まるよし(実体名・中村よしひで)

 日本語の研究と国語の授業に、情熱と関心をもつ福井高専教員。乗り鉄で、サッコと『ちりとてちん』を好む。詳細は当彩図内を参照。妖精にのりうつられているが、妖精は500年後もどこかでまるとれをやるつもりらしい。


アシスタント
ねこ(実体名・前田勝太)


 コーナーで日本語を学ぶ電子情報工学科4年生(コーナー開始時。現在はOB)。ハレー彗星に乗ってやってきたという説も。実体年齢の割に、昭和歌謡などに詳しい。英語も得意なようだ。2015年春に妖精の世界へ帰って行ったが、たまに舞い戻るらしい。

 



「高専ライブ」コーナーのトップへ